FC2ブログ

多分、枷を嵌めるのはいつも自分自身なんだろう

以下の駄文は思い込みと言っていい程度のもので不安と焦りバグった脳みそが紡ぎ出したうんこです。

足枷は誰にも嵌められてはないのかも知れない。地位の高い者の事は知らない。
嵌められてると勘違いしてるだけで、嵌めているのは自分なのだろう、と思う。
僕自身も。今、バイト先の迷惑も親への迷惑も大学も何でもかんでも無視して家を出ることは可能なわけで。
でも、やらないだけで。出た先の不安だとか他人への迷惑だとか、そういったものを枷にして自分を縛っている。
逃げたい逃げ出したい。原付乗ってるとき事故ったら何てことばかり考えてる。
そのくせすれすれに大型車が追い越していくと恐ろしくて鳥肌がたつ。
大学の講義でデッサンすることがあった。
めちゃくちゃ楽しかった。やっぱり絵を描くことは好きだったんだって思えて、少しだけうれしくてよかった。
やらなければいけないことが好きな事だったときこんなにも楽しいんだって初めて知った。
家で絵を描いてると、他の勉強、外国語だとかプログラムだとか課題とか、そういったものをしないといけないのに何をやっているんだろうという気持ちになる。
焦る。不安になる。脳みそが頭蓋骨の中でぐるぐると回転してるような錯覚を覚える。
やらなければならないことをやっても中々できない自分に嫌気がさす。
事が捗らない。悪循環。
悪循環を足に嵌めている。足が重くて動かしづらい。でもそれは気のせいだ。動かさないのは自分自身。
何度足を見たって毛があるだけだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニト210

Author:ニト210
いらっしゃいませこんにちは

フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード